アンプルール 副作用

アンプルールって服作用はあるの?

アンプルールといえばシミを本気で直したい人の美白系コスメ!!高濃度のハイドロキノン配合で肌のくすみがとれる、シミが薄くなるという事で注目されています。
ところがハイドロキノンは副作用があるのではないか?と心配する人が多いですよね。
それもそのはず。

 

使い方を間違って、逆にシミが濃くなってしまったという例が有るためです。ハイドロキノンは肌にとって刺激物であること確か。

 

市販のものでも4%配合というものもあります。5%以上配合は皮膚科でなければ処方してもらえません。その刺激がメラニンが発生してしまうのです。
さて、アンプルールは2.5%の濃度でハイドロキノンを配合。厚生労働省が推奨濃度は2%なのでそれを超えてるといえます。しかしアンプルールの化粧品は、ハイドロキノンの刺激が強過ぎないようにオブラートでくるんだ新安定型ハイドロキノンを使用しているので安心。

 

高濃度のスポット美容液とクリームは夜だけ使用します。沢山のモデル、芸能人が愛用しているのもその効果の高さから。シミに対して即効性のあることは間違いありません。ハイドロキノンという言葉で、副作用がありそうなイメージだけが一人歩きしていますが、実は肌が弱い人でも使いやすい処方というところも人気の秘密です。

 

▼シミ・くすみ・乾燥で悩んでいる方▼

 

▼毛穴・ほうれい線・たるみで悩んでいる方▼


inserted by FC2 system